Qセルズの発電シミュレーション|実発電量と比較【2020年版】

家計改善
この記事は約4分で読めます。

太陽光発電を付ける際に、Qセルズに発電シミュレーションをして貰いましたが、

他のメーカーと違い、Qセルズは独自の計算方法で算出している様で、

出てくる発電シミュレーションは本当に正しい数値なのか…?

独自システムでの算出で、実際はそこまで発電しないのでは…?

と、不安でした。

そこで、

太陽光発電を設置して1年以上経ったわが家の発電シミュレーションと実際の数値を比較してみます。

けいか
けいか

2020年の1年間で比較してみました!

↓2020年の電気代については、こちらの記事をご覧ください。

Qセルズのシミュレーションと実際の数値の比較表

【設置情報】6.51kWシステム

(モジュール)型式Q.PEAK-G5.1 310を21枚(パワコン)型式HQJP-R55-A2を1台

【物件情報】(屋根材)金属縦葦(勾配)0.5寸 北面

※実際の数値は小数点以下切り捨てにしています。

2020年実際の数値(kWh)シミュレーション値(kWh)
1月399345
2月512409
3月702556
4月888620
5月884670
6月772564
7月593587
8月911625
9月594463
10月527428
11月459327
12月388314
合計(年間)76295906
太陽光発電 発電シミュレーション
2020年発電
2020年 発電グラフ(Qcellsモニター)

新日本住設が出してくれたQセルズのシミュレーション5,906kWhに対して、実際の発電数値は7,634kWhと、かなり良い数値が出ています。

シミュレーションは低く見積もっていると思いますが、実際との差も大きいので、おそらく今後もシミュレーションを下回ることは少ないかと期待しています。

ちなみに、2019年7月から太陽光をつけていますが、2021年4月現在まで一度もシミュレーションを下回った月はありません。

※ただし、営業の話では、2018年は悪天候が続きシミュレーションを下回ったそうです。

Qセルズのシミュレーションの内容

Qセルズのシミュレーション算出については、下記の計算式になります。

他メーカーは太陽光発電協会(JPEA)の定めた計算方法を採用していますが、Qセルズは独自の計算方法で算出しています。

月間発電量(kWh)=太陽電池容量(kW)×月平均傾斜日射量(kWh/m2・day)×パワコン変換効率×モジュール温度上昇損失×システムロス×その月の日数×その他係数

その他係数には以下の1~4を考慮しています。

1.モジュールの出荷時のポジティブトレランスを見込んでいます。

2.システムロス及び低照度特性等の効果を考慮しています。

3.気象データはNEDO全国日射量データマップ(1981~2009年の29平均値)の日射量データおよび、2015年の気象庁の日射量データを考慮しています。

4.北面設置による発電量低下を考慮しています。

Qセルズの発電シミュレーション資料より抜粋

その他考慮されているもの…

  • モジュール温度上昇損失(12~3月:7.8%、4~5月:11.7%、8~9月:15.8%、10~11月:11.7%)
  • 実使用時の出力(発電電力)は最大でも太陽電池容量の70-80%程度で計算

考慮されていないもの…

  • システム回路構成や構成機器種類による影響(組み方によって発電が変わる)
  • 影による影響
  • パワコンの出力抑制による影響
  • パワコンの力率制御による影響

ちなみに、1年間の発電シミュレーションなので、機器の経年劣化は考慮されていません。

また、

同じQセルズでも、施工会社(設置業者)によって屋根に設置できるパネル容量も変わり、発電量も変わりました。

実際に施工会社に現地を見てもらって、乗せられるパネル容量を調べてもらう必要があります。

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

まとめ

シミュレーション算出に考慮されていない条件がいくつかありますが、

計算しきれない数値もあるため、仕方ないかなという感じです。(+私の知識が足りない…)

そのため、シミュレーション値を丸々信じることはしませんが、

現時点ではシミュレーション値よりも発電してくれていることもあり、

新日本住設が出してくれたQセルズのシミュレーションは問題ないと捉えています。

新日本住設の営業マンが「最低限の数値」と言っていたので、本当だったようです。

けいか
けいか

シミュレーション出来れば、売電が終わるまでの10年間の見通しがつけやすい!

わが家としては、早く初期投資を回収して、蓄電池を購入したい…!

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました