絵本「From Head to Toe」の読み聞かせ|体を動かして楽しめる!

おうち英語
この記事は約4分で読めます。

エリックカールの絵本「From Head to Toe」はおうちで英語に取り組んでいる人は、知っている人も多いと思います。

今回は、「From Head to Toe」を英語が苦手な私が読み聞かせて、どれだけ子どもたちが楽しめているか、お伝えします。

こんな人に読んでほしい

「From Head to Toe」の内容が知りたい人

英語の簡単な絵本が欲しい人

絵本「From Head to Toe」は体を動かして楽しめる

あらすじとしては、色々な動物が登場して、彼らが自身の特徴ある動きを見せてくれます。

子どもたちは一緒にその動きをマネして遊びます。

例えば、一番始めはペンギンさん。

I am a penguin and I turn my head. Can you do it?

I can do it!

絵本「From Head to Toe」より

「私はペンギン。首を回す(振り返る)よ。あなたはできる?」

「できるよ!」

From Head to Toe

続いて、キリンさん。

I am a giraffe and I bend my neck. Can you do it?

I can do it!

絵本「From Head to Toe」より
From Head to Toe

と、頭からつま先まで順番に紹介されています。

子どもたちにもできる動きなので、読み聞かせを始めると、勝手に動物たちの動きをマネします。

From Head to Toe

こちらのアザラシは、1歳娘が一番早くに反応した箇所です。

けいか
けいか

“clap my hands”は、1歳児にも分かりやすいのでしょう。

From Head to Toe

こちらのロバも、1歳娘にヒットしています。

座って読んでいると、「私もやれ」と立たせようとします…アラフォにはつらい…

From Head to Toe

最後はつま先です。“I wiggle my toe (足の指を小刻みに動かす)”です。

頭からつま先まで、12の動物たちが登場しました。(最後は人間)

身体を動かして遊びながら、動物の名前や体の部位、動きを学ぶことが出来ます。

絵本「From Head to Toe」の読み聞かせは誰でもできる

英語が苦手な私でも、少し調べるだけで、読むことが出来ました。

一点、私が難しかったのは、“wriggle”と“wiggle”の違いでした。

wriggle my hips: おしりをくねらせる(振る)

wiggle my toe :足の指(つま先)を小刻みに動かす

その他は、調べなくても絵や動物の特徴から読み取れるので、英語が苦手な人でも抵抗なく読める絵本です。

↑こちらは、ボードブックなので、小さいお子さんにおすすめです。サイズも小さいので、お出かけにも便利です。

発音が気になる人は、翻訳機能やYouTube、CDを使えば、きれいな発音で聞くことも出来ます。

子どもは、きれいな発音を聞いていれば、親の発音ではなく、きれいな発音に修正してくれます。

(親の発音だけだと、残念ながら親の発音の通りになってしまいます…)

From Head to Toe

↑こちらは、シンプルな読み聞かせの動画です。

わが家は英語教材ワールドワイドキッズで購入しました。CD付きだったため、かけ流しに使っています。

最後に

簡単な英語の絵本なのに、身体を動かして遊びながら、動物の名前や体の部位、動きを学ぶことが出来るとても内容の濃い絵本でした。

また、繰り返し出てくる下記フレーズも、日常会話でよく使うので、すぐに覚えることが出来ました。

Can you do it?

I can do it!

けいか
けいか

何より、子どもは体を動かすのが好きですよね。

絵本の内容について述べてきましたが、独特な感性の鮮やかな色彩は、さすがエリックカールだと感じます。

視界的にも楽しめる絵本なので、もちろん0歳からの読み聞かせにも使えます。

もっと、エリックカールの絵本を読んでみたいなと思わされた絵本でした。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました