ワールドワイドキッズの歌|子どもと一緒に歌える簡単な歌だった!

おうち英語
この記事は約6分で読めます。

英語の語りかけが難しいあなたに、語りかけ以外に子どもと一緒に英語を楽しむ方法は?!⇒⇒⇒ワールドワイドキッズに出てくる英語の歌が簡単!英語の歌のメリット、活用例、おすすめの歌をご紹介します。

英語の曲だなんて…歌詞を覚えられるかな⁇

発音も気になるな…

けいか
けいか

超初心者でも覚えやすい歌を紹介します!

3歳になると、早いテンポの曲は一部だけ、遅いテンポの曲はある程度口ずさめるようになりました。

困ったこと

英語の語りかけが難しい・発音が気になる。だけど、子どもと英語で楽しみたい。

解決策

英語の歌を一緒に歌うことで、英語を楽しめる!

「ABC Song」「Sing」「Under the Spreading Chestnut Tree」「Open,Shut Them」「Seven Steps」は比較的覚えやすい。

はじめに

語りかけが難しい人は、英語の歌はいかがでしょう。難しい単語もなく、発音も気にせず(ノリで解決!)子どもと一緒に楽しむことが出来ます。

英語の歌の考えられるメリット、活用例、おススメの歌をご紹介します。

子どもと一緒に英語の歌を歌うメリットとは?

メリット
  • 気軽に始められる
  • 英語に触れる時間が増える
  • フレーズが頭に残りやすい
  • 英語に親しみが持てる

まず、歌は気軽に始められます。発音うんぬんよりも、「楽しんで歌う」がメインです。歌詞が分からなくなったら「ららら~」と誤魔化していますが、息子は英語でそれっぽく歌っています。

けいか
けいか

そらで歌うこともありますが、基本はCDのかけ流しは続けます。

息子
息子

ママはいつも適当に歌ってるよね!でも、楽しそう!

英語を「学ぶ」よりも「遊んでいる」感覚ですが、結果、英語に触れる時間は増えます。

また、CDを聞いてすぐにアウトプットするのでフレーズが頭に残りやすいです。シャドーイングに似ているのでしょうか。

息子が英語を発したのは、1歳の頃におそらく英語の歌からだったと記憶しています。

ワールドワイドキッズの主題歌に合わせて“Hello”と歌ったのを覚えています。

語りかけをあまりしてこなかったのもあるかもしれませんが、語りかけやDVDのコミュニケーションよりも歌を覚えていました。

簡単な英語の歌をいつ歌う?

子どもと一緒に歌う

CDのかけ流しの際に、一緒に歌います。正しい発音を身につけるため、親は発声しない方が良いという派もあります。

わが家は、英語が身近にある存在・英語を好きになってほしいというのが目標なので、一緒に楽しむことにしています。

親が鼻歌で歌う

親が口ずさむ歌って影響されませんか?上手い下手関係なく、気になったものです。

実際息子は、「Under the Spreading Chestnut Tree」はCDからではなく、私の鼻歌から覚えてくれました。

その後、CDを聞いて発音は英語の発音になっています。

歌詞(フレーズ)を語りかけに使う

例えば、「ABC Song」の歌詞に「Next time won’t you sing with me」とあります。

息子は呪文の様に唱えているだけですが、私が「Let’s sing with me!」と誘ったら、「あ、なんか聞いたことあるな」と歌詞の意味を理解してくれるかもしれませんよね。

子どもと一緒に歌える簡単な英語の歌

英語が苦手なママさんパパさんが覚えやすい曲を、ワールドワイドキッズで紹介されている曲の中からお伝えします。

お伝えする曲以外にも、ワールドワイドキッズの曲は1/3程は息子はそれっぽく歌っています。

私は全てを覚えるのを諦めました…

おススメの歌
  • 幼児でも歌える、ある程度ゆっくりなテンポ
  • 簡単な歌詞
  • 難しい単語や発音が無い
  • 馴染みのあるリズム
  • 全歌詞を覚える必要は無い

♪Let’s Play Together!(ワールドワイドキッズ 主題歌)

【Worldwide Kids English】【えいごのうた】Let's Play Together!
「Worldwide Kids English」0歳から、5感で英語にふれられる。All Englishの英語コースです。楽しく体も自然に動いて口ずさみたくなる教材のテーマソングです。

この曲は是非とも覚えたい!

日頃歌うことによって、Mimiたちの存在を身近に感じることが出来ます。

息子は1歳の頃、この歌で“Hello”を覚えました。

♪ABC Song(ワールドワイドキッズ stage1)

ABCDEFG

HIJKLMNOP

QRS TUV WX YandZ

Now I know my ABC’s

Next time won’t you sing with me

(repeat)

アメリカの童謡

テッパンです。息子はおもちゃで遊びながら自然と歌っています。日本人が難しい「LMN」の部分も、ナチュラルに歌っています。

♪Sing(ワールドワイドキッズ stage1)

Sing! Sing a song

Sing out Loud,sing out strong

Sing of good things not bad

Sing of happy,not sad

Sing! Sing a song

Make it simple

To last your whole life long

Don’t worry that it’s not

Good enough for anyone else to hear

Just sing! Sing a song

カーペンターズ

(大意)歌おう、大きな声で、力強く。悪いことではなく良いことを、悲しいことではなく幸せなことについて歌おう。歌えば、人生を長くさせることが簡単になる。ほかの人に聞かせるほどじょうずじゃなくてかまわない。ただ歌おう、歌おう。

何より、歌詞に衝撃を受けました。「上手くなくていい、ただ歌おう!」と、歌うことの楽しさを純粋に教えてくれる歌です。

息子は全ては歌えませんが、始めの部分やリズムを口ずさんでいます。

♪Under the Spreading Chestnut Tree(ワールドワイドキッズ stage1)

Under the spreading chestnut tree

Here we sit both you and me

Oh, how happy we would be

Under the spreading chestnut tree

アメリカの童謡

spreading:広がる chestnut:栗

日本でもおなじみの「大きな栗の木の下で」です。こちらは、CDをかけ流す前に、DVDを見ているのと、私が覚えて自然と鼻歌として歌っていました(意識的に)。

すると、息子も覚えて一緒に歌うことが出来ました。

その他にも、「Open,Shut Them」「Seven Steps」は簡単で覚えやすいです。どちらもWWK stage1に出てくる曲です。

まとめ

おうち英語では、英語教材で子どもに英語に触れさせることは出来ます。ただ、語りかけも重要な要素です。

しかし、語りかけは難しくて覚えられない&発音が気になるところ…でも、子どもと楽しみたい!

それを解決してくれたのが、我が家では「歌」でした。

かけ流しをしつつ、一緒に歌うことで、英語を楽しむことが出来、英語を好きでいてくれています。歌のおかげで、英語が身近にある存在となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました